About 中小企業に選ばれるワークフローシステム

承認Timeは、社内文書の電子化を実現できるワークフローシステムです。サービス提供開始から10年以上の実績。料金は月額1ID300円、10ID単位でお申込み可能なサブスクリプション方式。あなたの会社もすぐにご利用いただけるクラウド型ワークフローシステムです。

承認Timeとは About

承認Timeは、稟議申請、捺印申請をはじめとした社内文書の申請・決裁・保管業務を電子化するクラウド型のワークフローシステムです。Web上で完結できるためリモートワークや多拠点でもスムーズな意思決定を実現します。電子化することで紙は不要となり、承認履歴も残るためペーパーレス化や承認プロセスの「見える化」にも繋がります。

承認Timeの特長 Features

  • POINT

    ペーパーレスで
    いつでもどこでも申請・承認

    承認にかかる時間を大幅に短縮!
    組織の迅速な意思決定を後押し

    スマートフォン・マルチOS対応で場所を選ばす申請・承認が可能に。外出先や出張先、リモートワーク中でも、スピーディーな意思決定を実現します。スマートフォンではスマホブラウザに最適化された画面で、入力・承認が片手で完結!

  • POINT

    マウス操作だけでできる
    かんたん文書フォーム作成

    豊富な入力項目で
    ご利用中の書類をそのまま電子化

    テキストエリアやリスト選択、表組、四則演算といった豊富な入力項目を組み合わせるだけ。文書フォームは無制限に登録できるため社内のあらゆる文書を承認Timeで電子化できます。操作がかんたんなので稼働後の更新もらくらく!

  • POINT

    複雑な設定は不要!
    最短1週間で導入できる
    ワークフローシステム

    クラウドサービスなのでコストを抑えてメンテナンスもお任せ

    承認Timeは従業員情報・承認フロー・文書フォームの設定が完了すればすぐに利用でき、月額3,000円~という低価格で手軽なシステムです。バージョンアップや保守メンテナンスは不要。サーバーやソフトウェアの購入も必要ないため最短1週間で本稼働が可能です。

  • POINT

    複数言語に翻訳可能!
    多言語対応のワークフローシステム

    海外拠点や外国人従業員にも対応!
    ボタンひとつで自動翻訳

    「WOVN.io」(※)と連携させることで、ボタンひとつでメニューや書き込み内容まですべてを自動で翻訳することが可能です。英語以外の言語にも対応しており、ユーザー単位で言語を選択できるため、グローバルに展開する企業でもノンストレスでご利用いただけます。
    (※)「WOVN.io」はWovn Technologies社のサービスです。

あらゆる部署で「承認Time」を活用 Utilization

  • 外出・移動時間の
    有効活用

    営業・セールス

    外出先から「見積書」を作成、その場で上司へ承認依頼。「営業日報」も外出先から提出可能。書類作成のためにわざわざ帰社する必要はありません。
    モバイルでも申請書類の作成が可能だから、外出の多い営業部門に最適です。

  • 稟議や購買申請など
    経理書類のデジタル化で脱Excel

    経理・財務

    経理関連書類を電子化すれば紙やExcelの煩わしさから解放されます。データ入力の二度手間や書類検索時間のロスを削減。紙代・倉庫代カットはもちろん、リモートワークでも書類管理が容易になります。

  • 採用申請などの重要書類を
    ペーパーレスで安全保管

    人事・総務

    入退社に関わる書類や従業員の引越し届など、様々な人事関連の届出書類を電子化。セキュアな環境で保管が可能です。また、物品購入申請のように日常よく利用される書類も簡単に電子化可能です。

  • 作業依頼書の電子化で
    プロセス管理の負担軽減

    システム

    PC設定やメールアカウント設定など、システム関連の日頃よくある依頼を電子で申請すれば、作業記録が残り内部統制の面で役立ちます。
    作業進捗状況をいつでも確認でき完了時にはメール通知も可能です。

  • 契約書レビュー依頼も
    電子化でプロセス管理

    法務

    WordやExcel、PDF等のファイル添付が可能なため、法務への契約書レビュー依頼に活用できます。申請・承認日時の記録に加え、コメントや事後報告の記入も残ります。決裁プロセスの明確化により取引内容の透明性も高まります。

  • 議事録も電子で共有。
    承認プロセスの可視化で統制強化

    全社

    議事録も電子化すれば簡単に社内共有可能。閲覧有無の確認やコメントのメール送信もできます。閲覧メンバー追加機能でリモートワーク中の情報共有も容易に。意思決定プロセスの可視化、決裁リードタイム短縮が経営基盤強化に繋がります。

ご利用開始までの流れ
Usage flow

  1. STEP

    ヒアリング

    承認Timeをご利用いただくため、現状の承認フロー、報告フローなどの状況を実際のデモ画面をご覧いただきながらヒアリングさせていただきます。スムーズなシステム導入のために、最適なご提案をいたします。

  2. STEP

    テスト運用&設定内容の確認

    ヒアリングさせていただいた情報を元に、導入企業様向けに設定した承認Timeをご利用いただき、テスト運用を開始します。テスト運用により、設定内容の確認を行います。

  3. STEP

    従業員への周知と運用開始

    承認Time導入の準備が整いましたら、新システムを快適にご利用いただくため、従業員の方々に周知を行っていただきます。